別府市議会議長杯 ペタンク大会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2022.11.24
再生時間
2:30

目標にめがけて球をどれだけ近づけられるかを競う競技
ペタンクの大会が別府市で開かれました。

この大会は別府市べタンク協会が20日に開いたもので、
市内から19チーム57人が出場しました。
開会式では協会の大塚 正信会長が
「青空の下で活動することは健康にいいことです。
今日も頑張りましょう」とあいさつしました。

ペタンクは目標となる球「ビュット」目がけて
金属製の球を投げる競技です。
1チームは3人で、1人が2球ずつ投球。
ビュットに一番近い球を投げたチームが
得点を得ることになり、
その際、相手チームの、ビュットに一番近い球よりも
内側にある球の数が得点になります。
参加者たちは、静かに狙いを定めて金属製の球を投げ、
うまくいった時にはチームメイトと喜び合っていました。

両チームがビュットに近い球を投げた場合は、
判定員がメジャーで距離を計り、
数ミリの差が勝敗を分けていました。

また、この日は協会員以外にも、
別府医療センター附属大分中央看護学校の
学生たちも参加しました。
学生たちはボランティア活動として
昨年から市ペタンク協会と交流しており今回初めて大会に参加。
運営スタッフとして得点を記録したり、
プレーヤーとして競技に臨んだりと、
ペタンクを通した交流を楽しんでいました。

この日、午前には予選リーグが行われ、
ブロックごとの上位2チームが
午後に決勝トーナメントを行いました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2022年11月20日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー