別府少年少女発明クラブ 開講

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2022.6.17
再生時間
2:18

小中学生が工作や実験に取り組んで発明の楽しさを知る
別府少年少女発明クラブの今年度の開講式が行われました。

別府少年少女発明クラブは、小学4年生から中学2年生までを対象に、
モノ作りの喜びを体験してもらおうと月に2回開かれている教室です。
今年度は市内の子ども12人が入会し、12日には、開講式が行われました。
式では、幸治男会長が「人は、物を作る創造力と心が大事です。
発明でのお金儲けだけではなく、心を大事にする
バランスの取れた人になってほしいです。
一緒に頑張りましょう」と挨拶しました。

式の後には、1回目の授業が行われ、空気の力を学習。
大分市と大分空港を結んでいた
ホバークラフトが進む原理についての説明の後、
子どもたちは簡単な材料を使って
その仕組みを再現することに挑戦しました。
CDに飲み物の容器を貼り付けて穴を空け、
その容器に膨らませた風船を取り付けると、
風船から押し出される空気が穴から噴き出すことでCDが少し浮き、
わずかな力で進みます。
子どもたちは、穴の大きさを調整するなど、
CDがうまく進むよう試行錯誤していました。

この日は、他にも、1つ5キロほどある
ボーリングの球が
掃除機の吸引力で筒の中を上昇する様子も
見学しました。
今年度の別府少年少女発明クラブでは、
木工や電子工作、料理の科学などを学ぶほか、
工場見学やコンクールへの作品作りなどが行われます。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2022年6月12日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/ものづくり
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー