「竹の教室」開講

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.6.25
再生時間
2:41

国の伝統的工芸品に指定されている
別府竹細工について学ぶ
「竹の教室」が今年もはじまりました。

「竹の教室」は国の伝統的工芸品である
別府竹細工の技術や文化・歴史を伝え、
後継者の育成や竹産業の発展を目的に
別府市が昭和49年から主催しているものです。
今年度は初級17人、中・上級18人が受講。
23日には、中・上級者に向けた
今年度初めての講座が開かれ受講生たちは講師から
編み方についての講義を受けたり、
個々の作品に対するアドバイスを
受けたりしながら制作に励んでいました。  
今年度の講座は、新型コロナの影響で
通年よりも2週間遅れてスタートし、
全部で38回開講されます。
来年3月にはこの教室で学んだ集大成として、
受講生たちが制作した作品を
会館内で展示する予定です。

また、別府市竹細工伝統産業会館の玄関前では
「別府竹細工」伝統工芸士の油布昌伯さんと
「竹の教室」受講生・修了生の有志など総勢8人で
およそ2か月かけて製作した
「竹のアマビエ」が展示されています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年6月23日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
ものづくり
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー