あいあい塾 実際にレシピを作ってみよう

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.11.29
再生時間
2:40

大神地区公民館の主催事業である「あいあい塾」の4回目の活動が
日出町保健福祉センターで行われました。

あいあい塾の「あいあい」とは、
2019年度より始めた人権教育推進事業
「あいプロジェクトinおおが」のスローガン
「ささえあい、みとめあい、おもいあい」の
3つの「あい」の語呂を取り、名付けたものです。

今回のプロジェクトでは、大神地区の畑を借りて
サツマイモを栽培し、収穫。
それを加工し、販売するまでの流れを高校生のサポートを受けながら
小学生が体験していき、実践を通して学んでいくものです。

この日は、10月23日に収穫したコンテナ7個分もの紅アズマを使い、
大神小学校5年生4人と日出総合高校商業部の生徒3人が
実際に販売する商品の試作を行いました。

小学生や高校生が考えた商品は3種類収穫したサツマイモを使った
コロッケ、スイートポテトそしてクリームがたっぷり入った丸いパン
「マリトッツオ」です。

これらを小学生と高校生が3つのグループに分かれ
レシピを参考にしながら、実際に作っていきました。
なかでもマリトッツォは日出町藤原にあるパンと焼き菓子のお店 シュクレの
後藤実穂さんが駆け付け小学生たちに作り方を指導しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年11月23日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/教育/ものづくり
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー