南端小・中学校 閉校式

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.11.23
再生時間
1:56
※ この動画の公開は終了いたしました。

生徒数減少のために休校していた
日出町立南端小・中学校が閉校することになり、
卒業生や地元の人が出席して閉校式が行われました。

南端小・中学校は前身となる学校が明治7年に創設され、
学校制度の改革や移転を経て、
昭和22年に南端小学校、南端中学校となりました。
自然に囲まれた環境で、
地元の人をゲストテーチャーに迎えての学習も実践。
昭和22年以降、832人の卒業生を
送り出してきました。
ですが、近年は児童・生徒数が減少。
子どもが居ても、充分な学習の環境・水準が
確保できないことから、
平成26年に小学校が、28年に中学校が休校となり、
このほど閉校となりました。

21日の閉校式には、卒業生や地元住民なども出席し、
日出町教育委員会の堀仁一郎教育長が
「卒業生、そして全ての関わった方々に
輝かしい歴史と伝統、想いを
未来に引き継いでいってほしいです」と式辞を述べました。

そして、卒業生が学校行事や地域の人との思い出を発表。
続けて、学校に協力した校区の目刈区、高平区、薄尾区、今畑区に
感謝状が贈られました。
そして、最後の校長を務めた林東洋一元校長が
教育長へ小学校と中学校の校旗を返納しました。
閉校式の最後には、出席者たちが校歌を歌い、
慣れ親しんだ地域の学舎に別れを告げました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年11月21日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー