消防が大型店舗を立ち入り調査

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.12.22
再生時間
2:34

買い物客が増える年末を前に別府市消防本部は、
11月22日から12月24日まで市内57の
大型物品販売店を立入調査をしています。

別府市消防本部は、年末の繁忙期(はんぼうき)のこの時期に
買い物客など、多数の人が出入りする
大型物品販売店舗を対象に、防火管理の徹底と防火意識の向上を図り、
出火の防止、災害発生時の被害防止を目的として、
立ち入り調査を行っています。

今年は、11月22日から12月24日までの期間に
延べ床面積1000平方メートル以上の販売店、
57店舗を対象に実施しました。

12月14日には、別府市消防本部の職員5人が
別府市楠町の「ゆめタウン別府」の立ち入り調査を実施しました。
ゆめタウンの職員の立ち合いの元、消防用設備が正常に動作するか、
消火器の使用期限が切れていないかなどを確認するとともに、
緊急時に使用する避難通路が十分に取られているかなどを
確認していきました。

また、店内にある寿司店で、須崎良一消防長が、
火の取り扱い方法を記載したチラシを店員に手渡しました。
そして、火の取り扱いには十分に注意してくださいと呼びかけました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年12月14日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
防災
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー