ベップ・アート・マンス2021

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.10.25
再生時間
2:04

別府市内で文化・芸術に関わる
イベントが集まり誰もが参加できる
市民文化祭ベップ・アート・マンス。

今年度は、来月の11月20日から
開催されることが決定し
それを前に、マスコミ関係者らを招いての
発表会が開かれました。

12回目を迎える今年度のベップ・アート・マンスは
106の個人や団体などが考案した
136のプログラムが予定されています。
また昨年度に引き続き、会場に足を運ばなくても
オンラインで参加することができるプログラムも含まれています。
24日に行われた記者発表会では、
はじめに「ALOHAべっぷHulaDreams」が
フラダンスを披露しました。
このチームは、市内で活動する4つのフラダンス教室が
教室の垣根を越えて結成された団体で、
11月28日にトキハ別府店 大屋根の下で
「クリスマス・フラ・ステージ」を開きます。

続いて、主催する混浴温泉世界実行委員会事務局が
イベントの概要を説明。
そして、各プログラムの代表者が概要についてPRを行いました。

中でも、NPO法人BEPPU PROJECTが
運営する清島アパートに入居している
切子ガラス工芸作家の宗久典高さんと
画家の東智恵さんの2人は、パフォーマンスを披露しました。
ベップ・アート・マンス2021は
11月20日から2022年1月23日までの65日間、
別府市内各所やオンライン上で
参加することができます。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年10月24日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー