別府観光あり方検討会議

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.9.23
再生時間
2:12

別府市は、新型コロナの収束後を見据えて、
持続可能な観光地をめざそうと、
「別府観光あり方検討会議」を開きました。

現在、各地の観光地は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、
観光客の減少など、厳しい状況が続いています。
別府市では、コロナ終息後を見据え、価値観や需要の変化に対応した
持続可能な観光地としての体制の構築や基盤整備を目的として
「ユニバーサルツーリズム」、
「観光デジタルトランスフォーメーション」、
「温泉を生かした免疫力日本一宣言の実現」
「食と観光業の連携」、これら4つを柱として取り組んでいます。
また、これらの実現に向け民間事業者の専門知識などを活用し、
具体的な取り組み内容を検討しています。

この日の会議では、九州経済調査協会が、観光客数のデータなどを基に説明。
外国人観光客の地域に偏りがあることや、平均宿泊日数が少ないこと、
その他、観光コンテンツの再検討として、欧米豪の対応と団体から
個人向けへのシフト、などの課題があげられました。
これを受け出席者は、今後の別府観光の活性化に向けた、
意見交換を行いました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年9月15日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
観光
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー