「免疫力日本一宣言」中間報告

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.12.23
再生時間
2:18

温泉に一定期間入ることで免疫力の向上や
疾病リスクの改善が見られるかどうかを測定する
「免疫力日本一宣言」の実証実験中間報告が行われました。

別府市、別府市旅館ホテル組合連合会、
九州大学都市研究センターの3者は
今年4月に連携協定を結び温泉に免疫力や治癒力をあげる効果が
あるかどうかを科学的に検証し観光産業に役立てようと
「免疫力日本一宣言」に取り組んでいます。

7月からは検証のためのモニターを募集。
温泉宿泊施設に1週間滞在し初日と最終日には採血と採便を行い解析することで
疾病リスクなどの数値に変化があるかどうかを検証しています。
この日は九州大学都市研究センターの
馬奈木俊介センター長が中間報告を行い、これまでに40人が検証に参加し、
先端技術を用いた腸内細菌のゲノム解析によって得られた
現時点でのデータとそこから分かることを話しました。

馬奈木センター長によると1週間温泉に入ることで
多くの疾病リスクの改善が見られ、具体的には単純温泉に入浴した男性では
痛風のリスクがマイナス16・84パーセント、
過敏性腸症候群のリスクがマイナス13パーセント、
単純温泉に入浴した女性では喘息のリスクがマイナス31・33パーセント、
肥満のリスクがマイナス18パーセントなどです。

また入浴時間によっても疾病リスクが変化することを示し、
泉質や性別によって結果が変わることから、
温泉宿に宿泊しながら自身の健康状態の変化を知る
療養型メディカルリゾートとしてその人その人に合った
温泉や入浴時間の提案が可能だと話しました。

今後は引き続き実証実験を行いデータのサンプル数を増やし
2022年度中には学術論文を発表する予定だということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年12月15日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
健康
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー