ドローンサッカー 国内初公式大会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.5.5
再生時間
2:32

無人航空機、ドローンを操縦して
ゴールの輪をくぐらせた回数を競う
「ドローンサッカー」の国内初の公式大会が
別府市で開かれました。

大会は別府市内竈にある昨年7月に国内で最初にオープンした
ドローンサッカー専用競技場で開かれました。
ドローンサッカーは韓国発祥で、
球状のプラスチックフレームに覆われたドローンを使用し、
年齢・性別を問わず、また、障害があっても楽しめるとして
注目が集まっている新しいスポーツです。
4月25日の大会では、直径およそ40センチのドローンボールが使用され、
1チーム5人で戦う国際ルールでの公式大会はこれが国内初開催でした。
開会式では、日本ドローンサッカー連盟の八塚昌明代表理事が
「5対5での開催は日本初です。
みなさんは日本代表に最も近い所に居ます。
この中から日本代表が出ることを願っています」とあいさつしました。

ドローンサッカーでは、ケージ内の両サイドの空中に
リング状のゴールが設置されており、
相手サイドのゴールにドローンボールをくぐらせると得点となります。
得点となるのは、1機のみある「ストライカー」と書かれたステッカーが付いている
ドローンがゴールをくぐった場合で、他の4機は陣形を作ったり、体当たりをしたりして
相手のストライカーのドローンからゴールを守ります。
試合では、3分1セットを3セット行い、2セット先取したチームの勝利です。

この大会には、県内の3チームが出場し、
チーム内で攻撃や守備と、5人で役割を分け、
ドローンを巧みに操縦し、得点を重ねていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年4月25日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー