養護教諭制度80周年で表彰

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2022.1.12
再生時間
2:37

いわゆる「保健室の先生」である養護教諭の制度が始まって
今年度で80周年です。
これを記念した、功労があった
養護教諭のへの表彰を別府市から2人が受けました。

養護教諭は、学校で児童・生徒の健康や、
水質検査といった環境衛生を保つことなど、
学校での保健全般の管理を担っています。
元は、学校医の補助をしていた学校看護婦で、
1941年に国民学校令の施行に伴って
教諭に位置付けられるようになりました。

この制度となって80周年を記念して、
およそ30年以上の経験と顕著な功績がある養護教諭が
文部科学大臣によって表彰され、
別府市では濱田寿美教諭と田中生弥子教諭が表彰されました。

濱田教諭は、38年の経験の中で、性教育の推進や
全県下の学校へのAEDの配置に寄与。

田中教諭は県教育庁 体育保健課 指導主事のほか、
教育相談、いじめ不登校、特別支援教育の
コーディネーターを歴任し、これらへの組織的な対応をけん引。
32年の経験を経てなお、現在は
県立看護科学大学大学院で自殺予防教育を研究しています。

2人は5日に、授賞を長野市長に報告しました。
長野市長は「教育現場だけではなく、
教育行政にも携わっていただき、また、実践もしていただきました。
どれだけ多くの子どもたちが二人の優しさに救われ、
元気に育てたかと思います」と2人の功績を称えました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2022年1月5日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー