新山俊則さんの絵画展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.7.7
再生時間
2:35

別府市在住の新山俊則さんが描いた
絵画の作品展が別府市美術館で開かれました。

この作品展には別府市出身で
一級建築士の新山俊則さんがこれまでに描いた水彩画の作品
およそ100点が展示されました。

幼いころから絵を描くことが好きだった新山さんは
建築関係の仲間と古い建物の保存活動をしていた時に
日出町の襟江亭を水彩で描きました。

その絵が新聞に掲載されたことをきっかけに
2006年に発行された湯布院の歴史や景色を絵と文章で紹介する本
「湯布院素描」の絵を描いてほしいと依頼され、
今回の展示にはその原画が展示されました。

原画の他にも別府をはじめ県内の風景や建物、
花などを描いた作品も展示されていました。

新山さんは作品に取り組む際、必ず現場でスケッチをしており
作品にはスケッチの線を残したものと線を残さず
色や陰影で輪郭を表現したものとがあり、
会場ではその風合いの違いを楽しむことができました。

また、一級建築士である新山さんが作成した
建物の完成予想図・パースも展示されました。

近年では手書きでパースを作成する人が減っており、
建物全体のイメージから細部の装飾までが分かる
一級建築士の新山さんならではの展示も見どころのひとつでした。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年7月2日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー