大神地区公民館「あいあい塾」

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.8.5
再生時間
2:34

大神地区公民館の主催事業である
「あいあい塾」の2回目の活動が
日出総合高校で行われました。

あいあい塾の「あいあい」とは、
2019年度より始めた人権教育推進事業
「あいプロジェクトinおおが」のスローガン
「ささえあい、みとめあい、おもいあい」の
3つの「あい」の語呂を取り、名付けたものです。

今回のプロジェクトでは、大神地区の畑を借りて
サツマイモを栽培し、収穫。
それを加工し、販売するまでの流れを
高校生のサポートを受けながら
小学生が体験していき、実践を通して学んでいくものです。

このあいあい塾では、6月にサツマイモの苗
60本を植えました。
夏のいま、イモはぐんぐんと成長しているそうです。
この日は、大神小学校5年生4人と
日出総合高校商業部の生徒3人が
収穫後のサツマイモを
どのように加工していくかのレシピを考案しました。

小学生や高校生それぞれが自宅で考えた加工方法を発表、
なかには完成イメージをイラストにして
持参する小学生もいました。

その結果、収穫したサツマイモを
コロッケ、スイートポテト、クッキー、
水まんじゅう、羊羹に加工することを決めました。
またマリトッツオというスイーツパンを
作りたいという意見が出されましたが
自分たちで作成するのは難しいとの判断で、
町内の焼き菓子屋さんに
制作を依頼することになりました。

この、あいあい塾では
10月末にイモの収穫を予定。
11月には加工品の試作や
値付け、パッケージについての会議を行い
12月には、みんなで加工品を作り
「おおがふるさとまつり」の会場で
販売する予定です。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年7月29日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー