朝日小 中庭を再整備

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.3.12
再生時間
2:17

別府市の朝日小学校が生垣が生い茂るなどしていた
中庭を募金を活用してキレイに整備し、
その完成式典が行われました。

昭和50年度の卒業記念として
鯉が住む池などが作られた朝日小学校の中庭は
近年、生垣が生い茂るなど、児童が利用しづらい状況となっていましたが、
学校が「学校環境緑化モデル事業」に選ばれたことで、
昨年末より再整備が進められていました。
これはコンビニエンスストア大手、ローソンの店内に設置されている
「緑の募金箱」に寄せられた募金を元に
国土緑化推進機構が行う事業です。

朝日小学校では、この事業で得た50万円を資金に
池の周りにあった生垣を移動。
その他、池の周りへ上靴でも行けるように芝生を張ったり、
中庭の上に鳥よけの糸を張ったりしました。

4日に行われた完成式典には、鯉のエサやりを担当する
飼育栽培委員会の6年生やローソンの関係者が出席。
ローソン別府鶴見ヶ丘店の坂本眞知子代表取締役が
「お客さまの募金が役に立ったことを私たちも大変喜んでいます。
こういった活動を通して地域に元気を広めたいです」とあいさつし、
続けて、飼育栽培委員会の代表がお礼を伝えました。

この事業では、ツツジとハナミズキの植樹もあり、
式典の最後に代表者たちがハナミズキを植樹しました。
この中庭の池では、カエルの鳴き声が聞こえたり、
例年5月には鯉が卵を産んだりしており、
学校は、子ども達がここで身近に自然を観察できるように
していきたいということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年3月4日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
環境/教育
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー