鉄輪時間旅行

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.10.20
再生時間
2:51

「今こそ湯治!蒸しで身体を養生する」をスローガンに
10月4日から開催中の「かんなわ蒸し通りずむ」。
16日には、プランのひとつ昭和期の地図を見ながら
鉄輪の町を歩く「鉄輪時間旅行」が行われました。

今年で4回目となる「かんなわ蒸し通りずむ」は、
「食」・「温泉とヘルスケア」・
「鉄輪時間」・「はじめての湯治」の
4つのプログラムにわかれ
地獄蒸しを活用した「食」に関する講座や
湯治体験など28のプランを通し
鉄輪の「蒸し」文化や魅力を伝える
さまざまなイベントを10月31日まで開催しています。

16日には、プランのひとつ「鉄輪時間旅行」を実施。
このプランのガイドを務めるのは鉄輪にあるカフェ
「ここちカフェむすびの」の河野健司さんです。
参加者は、ガイドから昭和29年、37年、47年の
3つの地図を受け取り地図の見方を教わったあと探索に出発。
はじめに、「熱の湯」の前で温泉の歴史をガイドが説明しました。

続いて一行は、鉄輪銀座通りを歩きました。
昔の鉄輪は湯治客が多く土産物の販売をしていた人が多かったこと
 宿泊施設の需要が増えたことから貸間や旅館が増えたこと、
宿の名前には経営者の出身地など
地名からつけた施設が多いこと。そして近年、建て替えなどにより
町の景観の変貌サイクルが早くなっていることを学び、
参加者らは地図と町並みを見比べながら
昭和期の鉄輪に思いを馳せていました。

さらに、いでゆ坂を上り、閉館後、解体作業が進んでいる
大衆演劇の劇場前を通過。
その後、鉄輪で昔から続く菓子店に入りプラン参加者への土産となる
煎餅を受け取って1時間ほどの探索を終えました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年10月16日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
観光/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー