幼年消防クラブの研修会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.7.6
再生時間
2:30

別府市防火委員会の別府市幼年消防クラブが、
防火や防災について学ぶ研修会を開き、
幼稚園児が地震の怖さを体験しました。

別府市幼年消防クラブは園児が正しい防火・防災のしつけを身につけ、
家庭から火災予防に取り組もうと市内6つの幼稚園と保育園の園児
985人で結成されています。
この研修会は、防火や防災意識の向上を図ることを目的に、
毎年、別府市防火委員会が開いているものです。
6月30日には、ひめやま幼稚園幼年消防クラブの
4歳児と5歳児合わせて102人が参加。
まず始めに、大分県地震体験車ユレルンダーに乗車し、
震度4の揺れを体感しました。

子どもたちは、丈夫なテーブルの下にもぐり、
テーブルの脚をしっかりと握り、
頭を保護しながら、揺れが収まるのを待ちました。
そして、ひめやま幼稚園の先生たちが
近い将来発生が予想されている
南海トラフ巨大地震の震度7の揺れと、
1923年に発生したマグニチュード7.9の
関東大震災の揺れの怖さを体験しました。

続いて、この研修会で、初めて
「おもちゃ花火教室」が開かれました。
この教室は、これからの夏休みに
触れる機会の多くなる「おもちゃ花火」の正しい使い方を学び、
火遊びをしないことを学んでもらおうというものです。
別府市消防本部予防課の職員が、
火のつけ方や花火をする際は、必ず大人と一緒にすることなどの
注意点を説明しました。
説明の後、子どもたちは、実際にろうそくから
おもちゃ花火に火をつけ、花火を楽しみながら、
防火の大切さを学びました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年6月30日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/防災
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー