古希超パワフル日本画展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2021.6.22
再生時間
2:10

日本画教室で学ぶ70歳以上の
生徒の作品展が別府市美術館で開かれました。

古希超パワフル日本画展は別府市日本画協会が
市内8か所の公民館などで開いている教室に通う
70歳以上の生徒たちによる作品展です。
会場には、70歳以上の生徒20人を中心に、
賛助展示として、70歳未満の生徒も合わせて
10号から100号待までの作品
54点が展示されています。
日本画は、岩絵の具や水干絵の具と
膠液を混ぜ合わせた絵の具を
和紙や絹などに描いたものを言います。
水彩画のような淡いタッチの作品から
油絵のように重厚に色を塗り合わせた作品まで
幅広い表現ができるのが特徴です。

別府市日本画協会の宮森智久会長は、
「日本画と言えば、敷居が高いイメージがありますが、
教室には、古希を超え、日本画を始めて
まだ1年未満の生徒もいらっしゃいます。
多くの生徒は、画を描くことを楽しみに、
毎回教室に通っています。
リハビリや認知症予防にも良いとされる
日本画を一緒に描きませんか」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2021年6月20日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー