湯あみ祭り

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.9.23
再生時間
2:31

別府市鉄輪で毎年恒例の「湯あみ祭り」が
21日から3日間行われました。

このお祭りは、温泉の恵みに感謝し、鉄輪温泉を開いたとされる
鎌倉時代の僧侶・一遍上人を供養するために
地元自治会、旅館組合、地獄組合から成る
「鉄輪温泉共栄会」が毎年、お彼岸の時期に開いているものです。
湯あみ祭り2日目の22日には一遍上人の法要や稚児行列が行われました。
読経が響く温泉山永福寺の本堂では着物を着た御稚児さんたちが集まって
一遍上人の供養を行った他、最中には「ひゃくまんべん数珠回し」を行いました。
これは、念仏を百万回唱えた事と同じご利益があると言われています。
御稚児さん達は数珠を回すことで自分自身の健康を祈願しました。

法要が終わると、一遍上人を乗せた御室が寺を出発し
稚児行列が行われました。

「渋の湯」では、「湯あみ法要」が行われ
地元の人や観光客の無病息災を祈願しました。

「鉄輪蒸し湯」では、湯かけが行われ
一遍上人にお湯をかけた後健康などを願い、手を合わせていました。

この後も、御稚児さん達は保護者と一緒に列を作り
「熱の湯」や「地獄原温泉」など地域の人達によって守られている温泉を 
およそ1時間かけて巡り、温泉の恵みに感謝していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年9月22日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/観光
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー