セーリングで世界選手権出場

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.7.4
再生時間
1:30

中部中学校1年生の幸野翔太さんが
セーリング競技IODA世界選手権の出場が決まり、
市役所へ報告に訪れました。

この日市役所を訪れたのは、幸野翔太さんとその家族の他、
大分県セーリング連盟の堀井伸一会長、
そして幸野さんが所属している
B&G別府海洋クラブの濱本徹夫代表の5人です。
幸野さんが出場を決めたのは、7月10日からタイのパタヤで行われる
「IODA世界選手権OP級選手権大会」。
OP級は全長2.31m、幅1.13mの小さなヨットで、
15歳以下の選手が参加できる種目です。
幸野さんは今年3月に行われた全日本選手権の選考大会に出場し、
見事世界選手権出場の座を手にしました。

長野市長は、「平常心で、いつも通りの力をだせば
間違いなく良い成績がとれると思いますのでぜひ頑張って下さい」と激励。
幸野さんに、スポーツ振興奨励金を贈呈しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年6月29日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー