べっぷ鶴見岳一気登山大会

コーナー名:

放送日
2015.4.13
再生時間
3:46
※ この動画の公開は終了いたしました。



別府市の春の恒例行事となっている
「べっぷ鶴見岳一気登山大会」が
12日の日曜日に開かれました。この大会は海と山に囲まれた
自然豊かな別府をPRしようと開かれているもので、
今回で28回目を迎えます。

今年は全国各地から3376人が参加。

海抜0メートルのSPAビーチから
1375メートルの鶴見岳頂上まで一気に登ります。

スタート地点のSPAビーチでは、
受付をすませた人たちが、
海抜0メートル地点出発の証に、
海に足をつけていました。

午前9時、全長およそ12キロのコースを駆け抜ける
「いだてん天狗タイムレース」がスタート。

200人の健脚自慢たちが
一斉にビーチを駆け抜けました。

1分02秒~1分18秒 ※「ピストール」の後から読み
続いて山頂までを歩いて登る
「のびのびさくらウォーク」と
別府ロープウェイ鶴見岳レストハウスまでの
およそ8キロを歩く
「GO GO GO ハーフウォーク」の参加者が
出発しました。

境川を歩く参加者は、
風にたなびくこいのぼりや春の花を眺めながら、 
ゆるやかに登る道を楽しんで通過し、
次のチェックポイントを目指しました。

チェックポイントの一つ本村天満神社では
参加者がゼッケンにスタンプを押してもらった後、
拝殿で手を合わせていました。

別府ロープウェイ鶴見岳レストハウスは
ハーフウォークのゴールでもあります。
お昼時ということもあり
皆さん、お弁当を広げ
ここで一時登山の疲れを癒していました。

鶴見岳山頂のゴール直前の場所では参加者が、
最後の力を振り絞るように、
一歩一歩を踏みしめて歩いていました。

そしていよいよゴール。
完歩者が最後のスタンプと
登頂記念のメダルを受け取ります。

またこの日、午前中には
「いだてん天狗タイムレース」の表彰式も行われ、
1時間11分50秒でゴールした
荒木宏太さんが総合の部で
1時間34分19秒でゴールした
福永真由美さんが女性の部で
それぞれ優勝しました

この動画に関連するカテゴリ

[ジャンル]
ムービー
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー