中学生「税についての作文」表彰式

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.11.16
再生時間
2:27

11月11日から17日までは税を考える週間です。
その一環として、税について書かれた
作文が募集されその表彰式が行われました。

『税についての作文』は、中学生に税の正しい知識を身につけてほしいと
毎年 全国納税貯蓄組合連合会と国税庁が中学生を対象に募集しています。
募集は各税務署で行われており、別府税務署が管轄する
別府・日出・杵築・国東・姫島の中学校から
今年は合わせて927の作品が寄せられました。

15日の表彰式にはその中から賞に選ばれた20人が出席。
一人ひとりに表彰状と記念品が贈られました。

表彰のあとには南九州納税貯蓄組合連合会優秀賞に選ばれた
鶴見台中学校3年生の森あす香さんが作文を朗読しました。
その中で森さんはお父さんが亡くなったときに、
病院に駆けつけることができた高速道路にも、
お父さんの痛みを緩和できた薬にも
すべて税金が使われていることを知って
税金の重要さを認識したことを発表しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年11月15日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー