実相寺多目的グラウンド 整備完了

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.8.18
再生時間
2:30

2019年のラグビーワールドカップの
公認キャンプ地に選ばれるために別府市が行っていた
実相寺多目的グラウンドの整備が7月いっぱいで完了し、
本格的な利用開始を前にプレオープンイベントが開かれました。

17日、実相寺多目的グラウンドで行われた
イベントの冒頭にあった除幕式では、
長野市長らが看板の除幕を行い、完成を祝いました。

長野市長は「公認キャンプ地として多くのチームが
来てくれるのではないかと期待しています。
そして、市民にも日常的にグラウンドを利用してもらいたいです」と挨拶しました。

公認キャンプ地の条件の一つに、天然芝であることがあります。
4月に市が開いたイベントで市民がまいた天然芝はこの日、
およそ11000平方メートルあるグラウンドを
青々と覆っていました。
今回およそ3億4千万円かけて行われた整備では
この他にも、ボールが飛び出すのを防ぐネットや照明を新設。
ベンチは360席ほど増やされ、およそ1160席となりました。

この日のイベントでは、集まった市民がラグビーやサッカー、
グラウンドゴルフなどのスポーツをし、
生まれ変わったグラウンドで早速汗を流しました。

公認キャンプ地については、候補地が9月に決まり、
その後、各代表チームによる現地視察が行われます。

また、このグラウンドでは9月に県民体育大会の総合開会式と
ラグビーの試合が行われます。
その他の期間は芝生を根付かせるために使用は控えられ、
4月に本格オープンし、市民も利用できるようになるということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年8月17日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー