さざんか児童館 もちつき大会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.1.30
再生時間
1:57

日出町大神のさざんか児童館でもちつき大会が開催されました。

このもちつき大会は臼と杵を使った餅つきを体験してほしいと
毎年行われているものです。

さざんか児童館には普段から施設を利用している乳幼児や小学生、
その保護者、地域の人たちなどおよそ150人が集まりました。

児童館のグラウンドで蒸したもち米を臼に入れると、
まずは大人が杵でこねてつきます。

力のいる作業に子ども達からは応援の声が飛んでいました。

そしてつきあがったアツアツの餅は皆で丸めました。

この日ついた餅は24キロ、数にしておよそ800個分です。

使用したもち米はもちつき大会の開催を知った地域の人たちが
提供したもので、お母さんたちが丸めたあんこ餅は
その場で食べました。

つきたての餅はお土産としても配られたということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年1月27日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー