日出団地 三世代ふれあい塾

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.8.4
再生時間
2:36

地域で世代間交流を図ろうと
「三世代ふれあい塾」が日出団地集会場で行われました。

この催しは核家族化が進む中で、
地域の高齢者と子どもたちの交流を図ろうと、
日出団地区が5年前から夏と冬の年2回開催しています。
この日は日出団地区 老人会の会員と
日出14区子ども会の会員、あわせて35人が参加。

老人会の会員が先生になって工作教室が行われ、
まずは「魚釣りゲーム」に使う道具作りにチャレンジしました。
釣り竿は、竹の棒に紐を結びつけ、テープで固定します。
また釣る魚は厚紙に絵を描きはさみで切り抜いて作りました。

続いて「輪投げ」に使う輪を、三色のビニール紐を三つ編みにしながら作りました。
参加者は互いに協力しながら、道具を作り上げていきました。

その後、自分達が作った道具を使い、縁日ごっこをしました。
子どもたちは、魚釣りや輪投げ、ボウリングなどのゲーム、
くじ引きやスーパーボールすくいなどを楽しんでいました。

縁日には、子ども会の役員が作ったかき氷に
自分の好きなミツを好きなだけ、かけて食べるかき氷コーナーも登場し、
参加者は、暑さで火照った体を冷やしていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年8月3日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー