北峯社の子ども神興

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.11.9
再生時間
2:00

日出町上仁王地区の北峯社で秋の大祭が開かれ、
子ども神興が地域を練り歩きました。

北峯社は、古事記に登場する最初の神
「天之御中主神」や五穀豊穣を願う「倉稲魂命」、火の神「軻遇突智命」、
学問の神「菅原道真公」が祀られており、
地域の人たちに永年親しまれている神社です。

秋季大祭では、約25年前から上仁王地区子ども会が、
地域を盛り上げようとお神輿を担いでいます。
この日、子どもとその保護者およそ60人が参加。

お神輿は、低学年と高学年で2基にわかれて、
家内安全と家内繁盛を願いながら「わっしょい、わっしょい」と
威勢の良い掛け声をあげて地区内を練り歩きました。

また、地域の人たちも、通りに出てきてお神輿を迎えていました。

約2時間かけて地区内を巡った子ども神輿は、北峯社に到着。
境内で子ども神輿を出迎えた総代たちは、子どもたちの労をねぎらいました。

この後参加者は、上仁王自治公民館で、餅まきや保護者手作りのだんご汁を食べ、
無事に秋の大祭を終えたとのことです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年11月3日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/教育/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー