ヒラメの稚魚を放流

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.7.5
再生時間
2:21

別府市内の漁港周辺でLOVE BLUE事業による
稚魚の放流が行われました。

この放流事業は、釣り用品の製造団体などで構成されている
日本釣用品工業会が、「釣り環境ビジョンコンセプトに基づく
LOVEBLUE事業」の一環として
「環境保全」と「資源回復」を目的に
7年前から全国各地で行っているものです。
今年度、はじめて大分県内で事業を実施。
亀川漁港と新若草港の2つの港から船を出し、
7センチから12センチに成長した
生後4か月のヒラメの稚魚およそ22000匹を
漁業関係者が港の周辺やオリアナ桟橋周辺など
6ヶ所にわけて海に放流しました。

この日放流された稚魚は1年後にはおよそ30センチに成長し、
漁獲できるようになるということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年7月2日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー