尾畠さんから土のう作りを学ぼう

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.5.21
再生時間
2:41

昨年8月、山口県で行方が分からなくなっていた子どもを
発見したことで、スーパーボランティアとして一躍時の人となった
尾畠春夫さんから土のうの作り方を教わる勉強会が
別府市で開かれました。

この勉強会は、町の自治会長が尾畠さんと親交がある
別府市朝見1丁目2区で行われました。

尾畠 春夫さんは注目を集める以前から、
別府市で魚屋を営む傍ら、由布岳登山道を整備。
65歳で店を辞めてからは、これまでおよそ15年間、
国内の被災地でボランティア活動をしています。

勉強会では、その経験で培った土のうの作り方を
地域の人たちおよそ60人に教えました。

その中で尾畠さんはまず、スコップの種類やその用途を説明し、
続けて、手作りの段ボールの筒を使った簡単な土のうの作り方を披露。
参加者は尾畠さんのユーモアを交えた指導を受けながら
実際に土のう作りを体験し、楽なスコップの持ち方や
袋の縛り方を教わっていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年5月19日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー