第104回別府八湯温泉まつり~日曜日の様子

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.4.3
再生時間
10:21

別府に春の訪れを告げる別府八湯温泉まつり。
日曜日の各会場の様子をお届けします。
(※一部の会場は著作権保護の為に【わくわくとんぼビデオ】ではお見せできません)

【開会奉告祭】
3日目の午前中には八幡朝見神社で開会奉告祭が行われ、
関係者およそ30人が出席しました。

はじめに明礬・柴石・亀川など別府八湯から集められた温泉が
1つに合わせられ神前に捧げられました。

拝殿では神事が行われ朝見神社の神職が祝詞を奏上、
関係者が玉ぐしを捧げました。


【べっぷ駅市場】
「別府の台所」と言われるべっぷ駅市場では、
温泉まつり期間中の土曜日と日曜日に「丼フェス」が行われ
イベントスタートとなる11時には受付に長蛇の列が出来ていました。
この丼フェスは受付で白いご飯が入った丼を貰い
駅市場の中にある8の店舗で
自慢の一品を丼にのせてもらうというものです。
参加者は各店舗で「とり天」や「やきぶた」
「りゅうきゅう」や「かま揚げしらす」などを受け取り
全ての品が揃う頃には丼からおかずがあふれんばかりの状態になっていました。


【湯けむり総パレード~神輿の祭典~湯ぶっかけまつり】
権藤和雄温泉まつり実行委員長の合図で湯けむり総パレードがスタート。
別府八湯の代表や市内の高校生、大学生、ゆるキャラなど
41団体、およそ1200人が1時間に渡って
駅前通りの華やかな雰囲気の中を歩きました。

神輿の祭典では8基の神輿が担がれ「ソイヤ ソイヤ」の掛け声が響きました。
勇壮な木遣りと3本締めが行われるとさらに迫力を増して神輿が練り歩きました。

祭りの締めくくりには「湯ぶっかけまつり」が行われました。
今年は、神輿にかける温泉の量を40トンに増量したり
過去最大となる25基の神輿が参加したりし会場となった駅前通りは
お祭りムード一色に染まりました。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
特集/イベント/グルメ/観光/文化・歴史/行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー