別府市戦没者追悼式

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.11.9
再生時間
1:50

戦争で亡くなった別府市出身者の冥福を祈る
別府市戦没者追悼式が執り行われました。

この追悼式は別府市に生まれた後、戦争で命を落とした
2403柱(ばしら)の冥福を祈り、平和の大切さを市民に訴えるため、
別府市が毎年行っているものです。
8日の式典には、戦没者の遺族や関係者、およそ200人が参列。
初めに、遺族の代表が祭壇のロウソクに火を灯し、続けて花を捧げました。

長野市長は追悼の言葉の中で戦没者の遺徳を称え、
恒久平和確立に向けた努力をし、遺族・市民と結束して
素晴らしい別府を築く決意を表しました。

そして、別府市遺族会連合会の宮森会長は
戦火に散った英霊に尊敬と感謝を示し、
アジア諸国やアメリカが関わる日本の安全保障問題を踏まえながら、
遺族たちも世界や郷土の平和に努める旨を述べました。

続けて、参列した来賓や市内各地区の遺族代表が御霊の冥福を祈って献花。
最後に中村岳史さんが追悼吟「九段の桜」を奉じ、国の為にその命を捧げた人達の
安らかな眠りを願いました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年11月8日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
その他
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー