日出総合高校 百人一首大会

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.1.10
再生時間
2:10

日出総合高校で百人一首大会が開かれ
生徒たちが札を素早く取り合いました。

日出総合高校では、国語の授業で学んだ知識を活かし、
日本文化の伝統を体験してもらおうと
毎年、百人一首大会が開催されています。
この日は、全校生徒およそ450人が参加し
各クラス6班編制でチームを組み学年別クラス対抗戦で大会を実施。
大会は、取り札を50枚ずつ並べ、取った札の合計で勝敗を決定する
「ばらとり戦」で行われ国語科の教師が読み手を担当しました。

生徒たちは、授業などで覚えた歌の札を取って競い合い、
中には上の句を詠み始めてすぐに札を取る生徒もおり
同じチームのメンバーからは歓声が上がっていました。

2回戦目は、対戦するクラスを変えて行われ
競技中惜しくも札を取られてしまった生徒は、
拍手を送って相手を讃え他のクラスとの交流を深めていました。

大会の最後には表彰式が行われ、
優勝した1年3組、2年4組、3年4組に
長岡 幸次郎校長から賞状が贈られました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年1月8日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー