梅園温泉復興湯路を発行

コーナー名:わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.7.26
再生時間
1:45

熊本・大分地震で被害を受け、解体された
別府市元町の「梅園温泉」の再建を支援するため、
地域通貨「湯路」が発行されました。

梅園温泉は、1916年、別府市元町に
地元有志によって建設された市有区営温泉。
「路地裏の秘湯」として、住民や温泉愛好家に親しまれてきました。
熊本・大分地震で被害を受け、昨年7月に解体、
現在は、住民や有志たちで作る
再建実行委員会が復活をめざしています。
この地域通貨「湯路」は別府の温泉文化の源である
共同浴場を支援する目的で2003年4月から発行されており、
市内の加盟共同浴場で入湯券として利用できます。
今回は、「梅園温泉」の再建を支援するために、
市民団体「アチチ中央銀行」が2年ぶりに1万枚を発行します。

25日には、別府市役所で記者発表が行われ、
第12代アチチ中央銀行総裁に就任した
佐藤正敏さんが、使用方法などを説明しました。
「湯路」は、八湯ウォークや別府八湯温泉道名人会主催の
お掃除プロジェクトに参加すると入手できます。
鉛筆画家の勝正光さんが、別府の恩人と呼ばれる油屋熊八翁と、
入口の路地を描いており有効期限は、梅園温泉が再建するまでとしています。
裏面には、再建のための振込先が明記され、寄付を呼び掛けています。
「アチチ中央銀行」は、この湯路が、多く人の目にとまり、
梅園温泉が早期に復活することを願っているとのことです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年7月25日の取材に基づいた内容となっております。

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[ジャンル]
観光/文化・歴史/その他
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー