第64回 竹の感謝祭

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.4.4
再生時間
1:47

別府の伝統工芸である竹工芸の発展を願う
「竹の感謝祭」が八幡朝見神社で行われました。

竹の感謝祭は、別府の竹工芸に使われる竹と
先人たちの功績に感謝しようと別府竹製品協同組合が
昭和29年から毎年行っているものです。
64回目を迎えた今年は、組合員をはじめ関係者など約70人が出席。
感謝祭では始めに、別府竹製品協同組合の副理事長で
別府竹細工伝統工芸士会会長の小野信さんと、
別府竹製品協同組合理事で、今年還暦を迎える佐藤正弘さんが、
神社に奉納する「四海波」と呼ばれる竹かごを作りました。
「四海波」は、長さ 約3メートル、幅 約3センチの大きなひごを16本使用。
基本的な編み方で作るかごですが、形を決める時にセンスが求められます。
二人は力を合わせ、巧みな手さばきで編みあげていきました。

続いて神事が行われ、完成した直径50センチ、
高さ45センチの竹かごを小野信さんが神前に奉納。
出席者全員で、先人たちを偲び、別府竹工芸の業界発展を祈願しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年4月2日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
観光/文化・歴史
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー