五行歌と詩の作品展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.5.14
再生時間
1:34

西別府病院に入所している戸次由紀子さんの
五行歌と詩の作品展が開かれています。

この作品展は、脳性まひで西別府病院に入所している
戸次由紀子さんが、自分の作品を
多くの人に知ってもらおうと開いたものです。

戸次さんは、詩人である母親の影響で、
10歳の時に詩を好きになり、
詩を作る楽しさや面白さを知りました。
そして、趣味として五行の詩を縦書きに書くこと以外に制限が無い
五行歌や詩を作っています。
今回の作品展は「平成から令和へ」というタイトルで、
数ある作品の中から17点を厳選して展示。
作品には、嬉しい時や悲しい時に戸次さんが感じた
感情が表現されています。

中でも、戸次さんにとって思い出深い作品は、
「おさななじみ あなた もう てんごくにいくなんて、はやすぎますよ。
きよみちゃんにあえましたか、わたしは、もうすこし、ここにいるよ。
そらからみまもってください。」
という詩で、亡くなった幼馴染へ向けて書いたものです。

戸次さんは、「夢は、詩集を出すことです。
個展はその夢への一歩です。どうぞ、見に来て下さい。」と
話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年5月9日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー