チャーチル会別府 秋季絵画展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.10.16
再生時間
2:29

絵を描くことが好きな人たちが集まる
チャーチル会別府の皆さんによる
絵画展が開かれました。

チャーチル会は絵を描くことが好きだった
イギリスの元首相ウィンストン・チャーチルにちなんで
名づけられた会で全国に43グループ、
およそ850人の会員がいます。

チャーチル会別府は昭和27年3月に全国で8番目に創立され
現在はおよそ20人の会員と作品の指導や講評をする客員2人で
活動しています。

日ごろは月に一度、市内の公民館に集まり
室内で人物や静物を描いたり外で風景を描いたりしており、
今回の秋季絵画展には会員の皆さんが取り組んだ作品
53点が並んでいます。
会では、絵を描くことの楽しさや喜びを大切にしていることから
水彩や油絵、パステルなどのジャンルは問わず
作品の制作に取り組んでいます。

会場に並んだ絵からは
作者の個性や、楽しみながら描いた気持ちが伝わり、
訪れた人たちは見応えある作品に見入っている様子でした。

チャーチル会別府 幹事長の久良さんは
「例年、春と秋に開催している作品展ですが、
今年の春はチャーチル会の九州大会が
別府であったことから開催しませんでした。
会員にとって今回の秋季絵画展が
1年ぶりの作品展ということもあり
十分に準備ができて力作が揃いました」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年10月15日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー