亀川二人展

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.5.26
再生時間
2:01

別府市古市町にお住まいの高野悦子さんと、
亀川浜田町にお住まいの佐藤忠司さんによる
二人展が、市内の郵便局で開かれました。

これは、二人の作品に感銘をうけた郵便局の職員が、
もっと多くの人に作品を見てもらいたいとオファーしたことがきっかけで、
実現したものです。
会場には、高野悦子さんの粘土細工と、
佐藤忠司さんの書道作品が展示されています
高野悦子さんは、昔から手芸が大好きで、パッチワーク、洋裁など
いろんなジャンルの教室に通っていました。
20年前、粘土細工の展覧会へ行った時に、
興味を持った事がきっかけで、講師の資格を取り、市内で教室を開いたり、
依頼を受けて作品を制作したりしています。

この粘土細工は、カラー粘土と白色粘土を混ぜ合わせて
好きな色を出し、マシュマロの様に軽く、やわらかい素材の粘土
「超軽量粘土」を使っている為、自由な発想で造形する事ができます。
展覧会では、胡蝶蘭など花の作品や、果物、鳥かごなど、
合わせて35点が展示されています。

佐藤忠司さんは幼少期、小学校の先生だった母親の影響で、
絵や書き物が得意だったそうです。
20年前に、旅行先の中国で、気に入った掛け軸と出会い、
それを真似た事がきっかけで、作品作りが始まりました。
展覧会では、自分の思いを
漢詩や川柳で表現をした作品など、8点が展示されています。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年5月19日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
アート
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー