警察署と旅館ホテル組合連合会が協定

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.8.29
再生時間
2:43

別府警察署と別府市旅館ホテル組合連合会が
外国人旅行者などの対応に関する協定を結び
調印式が行われました。

この協定は別府市を訪れた外国人旅行者などが
落し物や迷子、事件事故に巻き込まれた際、
市内の旅館・ホテルの従業員が警察署からの依頼を受け
通訳として協力するというものです。

別府警察署ではこれまで英語、韓国語、中国語、
タイ語、アラビア語に対応した署員がいましたが、
ラグビーワールドカップの開催で見込まれる
多くの外国人旅行者に対応するために
別府市旅館ホテル組合連合会との協定を実現。

旅館ホテル組合連合会に所属する
16の宿泊施設の従業員66人が、
英語、韓国語、中国語、ベトナム語、
ネパール語、タイ語、タガログ語の7か国語の
通訳に協力し、別府警察署が抱える
外国人旅行者の対応への課題を解決する
ひとつの方策となりました。

調印式では別府警察署の佐藤署長と
別府市旅館ホテル組合連合会の西田会長が
協定書にサイン・調印し、取り交わしました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年8月26日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
観光/防災
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー