神楽女湖しょうぶ園オープン

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.6.6
再生時間
2:00
※ この動画の公開は終了いたしました。

梅雨入りした6月4日の土曜日、
別府市の神楽女湖しょうぶ園が今年もオープンしました。

阿蘇くじゅう国立公園の標高約600メートルにある神楽女湖は、
平安時代に鶴見岳神社の歌舞女が、この湖のほとりに住んでいたという
伝説から名付けられました。
湖畔にあるしょうぶ園では、毎年6月から7月にかけて、
およそ80種1万5千株の花しょうぶが咲きほこり、
県内外からの観光客が梅雨の風物詩を楽しんでいます。
オープン初日、4日土曜日は、花が咲き始めたばかりでしたが
オープンを待ちかねていた地元の人や観光客が訪れていました。
訪れた人たちは、紫や白など色とりどりの花を
カメラやスマートフォンで撮影していました。

今月18日の土曜日午前11時からは、
「第30回神楽女湖花しょうぶ観賞会」が開かれます。
当日は、「サックスカルテット彩」の皆さんによるサックス演奏や、
先着500人に「お茶と神楽女だんご」の無料サービスの他、
先着200人に花しょうぶの苗のプレゼントの申込を受け付けるとのことです。

神楽女湖しょうぶ園は、7月3日の日曜日まで開かれています。
入園料は無料です。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年6月4日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
自然/観光
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー