全国小学生バドミントン大会 出場報告

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.12.19
再生時間
2:00

日出町の小学生が、バドミントンの全国大会出場を決め、
その報告に日出町役場を訪れました。

この日、日出町役場を訪れたのは、
日出ジュニアバドミントンクラブに通う
小学5年生の惠良 将大さんと菅 剛大さん。
そして、その家族のほか、子ども達を指導する中山勝臣監督の4人です。

選手の2人が出場を決めたのは、12月22日から12月26日の5日間、
広島県立総合体育館で開催される
「全国小学生バドミントン選手権大会」。
全国から地方大会を勝ち抜いた強豪選手たちが集まり
シングルスとダブルスで争う大会です。
2人は10月21日と22日、べっぷアリーナで開催された
「全九州小学生バドミントン選手権」にダブルスで出場。
熱戦の末、3位に入賞し大分県代表として全国大会の出場権を手にしました。

本田博文町長は、「これから寒い時期になるので、
体調にはくれぐれも気を付け残りの時間しっかり準備をし
ベストを尽くして頑張ってください」と激励しました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年12月13日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー