少年野球の親善オリンピック

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.1.30
再生時間
2:31

少年野球のチームが野球以外の競技で
競い合いながら交流する
「5チーム親善オリンピック」が26日に開催されました。

この日は前日の雨の影響を受けた
グラウンドの整備からスタートしました。
5チーム親善オリンピックは別府市を中心とした
小学生の少年野球チームがオフシーズンのこの時期に
野球以外の競技を通して交流し、
親睦を深めようと昭和61年にはじまったもので、
今回で34回を迎えます。
大会には、境川少年野球部・朝日少年野球部
緑丘少年野球部・上人少年野球部
そして大分市から稙田少年野球部の全5チーム
およそ150人が参加。

まず始めにおこなわれたのは「ナイスキック」
ラグビーボールを蹴りながら
15メートル先のコーンを回ってくる
9人リレーのタイムレースです。
参加した選手たちは野球ボールとは違い
色々な方向に弾むラグビーボールを
懸命に追いかけながら、コントロールしていました。

この他にも、監督やコーチ、保護者も参加。
バットで軟式ボールを打って転がし
15メートル先にある直径3メートルの
円に入れる競技「ホールインワン」を楽しみました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年1月26日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー