サンウルブズ ラグビークリニック

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.1.13
再生時間
2:55

ラグビーの日本を代表するプロチーム「サンウルブズ」が
11日から別府市で合宿をしており、
その中で、ラグビーをする子供たちと交流しました。

サンウルブズは世界最高峰のプロラグビーリーグ
「スーパーラグビー」に参戦する
日本代表級の選手たちから成るチームで、
シーズン前の合宿を2年前から別府市で行っています。
合宿の際には、別府市ラグビーフットボール協会、別府市、大分県が
選手たちと地元の子どもたちが交流する機会を設けています。

ワールドカップ終了後もこれを継続しようと
12日に開かれた今年のイベントでは、
選手23人が県内のラグビーチームに所属する子どもと
ラグビー未経験の子ども合わせておよそ350人と交流しました。

チームに所属する子どもたちとプレーしたのはタッチラグビーです。
タッチラグビーでは、タックルの代わりに
敵にタッチされるとボールを離さなければなりません。
選手たちは子どもたちに交じってボールを奪い合いながら
一緒に汗をかいていました。

未経験の子どもたちは選手に声をかけられながら
パスやトライなど、基本的な練習を体験していました。

交流の最後に選手たちは子ども達のユニフォームやボールなどにサインしたり
写真撮影に応じたりしていました。
サンウルブズは1月22日まで実相寺多目的グラウンドで合宿し、
練習の様子は一般にも公開されます。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年1月12日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
イベント/教育/スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー