W杯市民ボランティア 最後の研修

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.9.10
再生時間
2:52

今月20日からラグビーワールドカップが始まるのを前に、
別府市にボランティアとして登録している人たち向けの
最後の研修会が行われました。

別府市が高校生以上の市民を対象に募集したボランティアには、
16歳から82歳までの146人が登録されています。
市民ボランティアはワールドカップ期間中、
市の中心市街地やJR別府駅周辺で
シャトルバス乗車場所への誘導や観光案内、環境美化などを行います。
7日には、およそ60人が参加して
ワールドカップ開催前 最後の研修会が行われました。

研修会では、ボランティア用のガイドブックや
英語で書かれた観光案内本を配布。
市の担当者や外国人向け観光案内所の運営者が想定される質問のほか、
温泉や飲食施設を案内する際のポイントなどを解説しました。

その後のワークショップでは、日本語と英語それぞれでの対応を練習。
参加者たちは、質問する側と応える側に役割を分け、
配られたガイドブックなどを利用しながら名物が食べられる店や
タトゥーがあっても入れる温泉への案内を練習しました。

研修の最後には、期間中、市民ボランティアが身に付ける
オリジナルのユニフォームとカバンが配られました。
背中に湯けむりと別府タワーがデザインされ、
対応できる言語を示すユニフォームに袖を通したボランティアたちは
気持ちを新たにしていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年9月7日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
観光/スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー