子ども会でタグラグビー体験

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.8.10
再生時間
3:00

子ども会に入っている別府市内の子ども達が
タグラグビーで汗を流しました。

これは別府市子ども会育成会連合会が
子ども達にスポーツを通じて楽しく交流してもらいたいと開いたものです。
7日に行われた催しには、市内の子ども会に入っている子どもとその保護者など、35人が参加。
開会式では池辺 栄治会長が「今日一日、楽しい思い出を作っていきましょう」とあいさつしました。

子ども達がこの日体験したのはタグラグビーです。
講師は大分県ラグビーフットボール協会の上田さんが務めました。
タグラグビーはタックルでボールを持った相手の動きを止める通常のラグビーとは違い、
腰に付けたタグを取ることで相手の動きを止められます。
練習には、長野市長も参加し、子ども達や保護者にまじって
一緒に相手のタグを取る練習をしました。

ボールを持ってディフェンスをかわす練習をした後はいよいよ試合です。
プレイする子ども達はタグを取られると横か自分より後ろの人にパスし、
相手のスキを見つけた時には一気に走ってトライを奪っていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年8月7日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
教育/スポーツ
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー