フジバカマを植樹

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2016.3.29
再生時間
1:59
※ この動画の公開は終了いたしました。

里山保全会の会員が
秋の七草の1つであるフジバカマの植樹を行いました。

これは多くの花を植えて法花寺地区の景観を
綺麗にしようと里山保全会が初めて行ったものです。
里山保全会とは法花寺地区に住む人を中心に今年の1月に発足された会で
現在、20人が所属しています。
この日の植樹活動には、会員15人が参加しました。
今回、植えられたのは、秋の七草の1つであるフジバカマという花です。
この花は花の色が藤色で花弁の形が袴(はかま)のようであることから
フジバカマという名前が付けられ
開花時期は10月上旬から11月下旬となっています。
今回の植樹では、フジバカマの株およそ300株が用意され
会員たちは周りの人と世間話をしながら株を植えていました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2016年3月27日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
自然
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー