猪の瀬戸湿原 野焼き

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.2.27
再生時間
2:25

別府市東山にある猪の瀬戸湿原で
本格的な春の訪れを前に野焼きが
行われました。

猪の瀬戸湿原は鶴見岳と由布岳の南斜面の間にある
標高700メートルの湿原地帯です。

昭和47年頃に野焼きが途絶えてからは
外来植物の侵入などにより
森林化が進み湿原が失われつつありました。

そこで、湿原の保護や再生に向けて取り組む
「猪の瀬戸湿原保全の会」をはじめ
環境省、大分県、別府市、地元自治会、
城島高原オペレーションズなどで構成する
野焼き実行委員会を設立。

2012年に野焼きを再開して以来、
湿原の森林化を防ぎ再生・保護に取り組んでいます。

今年の野焼きにはおよそ50人が参加し
12.36ヘクタールを2つのブロックに分けて焼いていきました。

点火の指示を受けてつけられた火は
背丈ほどに伸びた草を燃やし順調に燃え広がっていました。

野焼きを再開して5年がたつ現在は、
かつて群生していたサクラソウなどの希少な植物も
徐々に自生の範囲を広げ、4月から11月には
月に1度、自然観察会が行われるなど
本来の湿原の姿を取り戻しつつあります。

野焼きを始めておよそ2時間ほどで
猪の瀬戸湿原は黒く染まりました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年2月26日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
自然
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー