別府市で防災パトロール

コーナー名:

放送日
2015.5.27
再生時間
2:36
※ この動画の公開は終了いたしました。



風水害が多発する時期を前に
別府市内で防災パトロールが行われました。このパトロールは風水害などが多発する梅雨の時期を前に
防災設備などが十分であるかを
確認するため毎年この時期に行われています。
パトロールに出発する前には
別府市役所企画部の釜堀 秀樹部長があいさつしました。

この日は別府市と大分県の関係者、
自衛隊や消防などからおよそ30人が参加。
水害や地滑りなどが予想される
8か所をパトロールしました。
最初に訪れた別府市堀田の老人ホーム一燈園の裏山では、
平成24年7月に土砂災害が起きた事から
土砂をせき止めるための治山ダムが建設されています。
現地では担当の職員が今後予想される災害や
ダムの仕組みについて説明しました。

また、この周辺には土砂崩れの際に
大量に土砂が流れた場所があり、
実際に現場を見た参加者たちは
メモを取りながら危険度を確認していました。

さらに、ロープウェイ付近では、
現在、治山ダムの工事が進められており、
参加者は、ダムが完成するまでの土石流対策について
サイレンの設置状況などを視察していました。

この動画に関連するカテゴリ

[ジャンル]
ムービー
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー