竹細工で花かご作りに挑戦

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2020.2.25
再生時間
2:42

別府市の朝日大平山地区公民館で
「公民館子どもひろば」が開かれ、
子どもたちが竹細工で花かご作りに挑戦しました。

別府市の朝日大平山地区公民館では、
地域教育力活性化事業の一環として、
子どもたちを対象にした「公民館子どもひろば」を
年に23回開いており、今年度最後の22日には、
「竹細工教室」が行われました。
教室の講師は、以前、別府市の竹細工伝統産業会館で
竹工芸の体験学習などの指導を行ってきた
別府市社会教育課の安部哲也さんです。
この日は、小学生や中学生、その保護者など14人が参加し、
「四海波」と呼ばれる花かご作りに挑戦しました。
これは、通常、花かごとして使われますが、昭和40年頃まで、
別府市の一村一品であるザボン漬けを入れる
土産用のかごとしても利用されてきました。
花かごを編むには、本来、竹を割いて、
竹ひごをあらかじめ水に浸しておく必要がありますが、
今回は、講師の安部さんが事前に竹ひごを水につけて柔らかくし、
底の部分は、四ツ目編みで編んで準備しました。
参加者は、難しい部分を講師に尋ねたり、
参加者同士で相談しながら、花かごを作っていきました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2020年2月22日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
文化・歴史/ものづくり
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー