おくすり健康教室

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2017.10.26
再生時間
2:31

薬について正しい知識をもって欲しいと
「おくすり健康教室」が開かれました。

大分県では最寄りの薬局まで1キロ以上ある地域に対して
薬の正しい飲み方を知ってもらい
薬に対する不安や疑問を解消しようと相談会を開いています。

この活動の一環で別府市、日出町、杵築市を管轄している
大分県東部保健所は今年度、管轄地域の5か所で
「おくすり健康教室」を実施しています。

この日は別府市スパランド豊海の住民を対象に
別府市薬剤師会 調剤薬局の藤原さんが講師となって
正しい薬の飲み方や保管方法、おくすり手帳の大切さなどを説明しました。

大分県東部保健所は大量の薬の飲み残しや自己判断で服薬をやめること、
数種類の薬を飲む場合の飲み合わせについてなどを問題としています。
近くに薬局がないために薬剤師に気軽に相談できない人をサポートし
不安や疑問を解決することで住民の健康面だけでなく
医療費の抑制につながる服薬指導なども進めています。

講演の終わりには参加者から質問もあり、
皆さんの関心の高さが伺えました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2017年10月24日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
健康/行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー