「水はいのち」の像 除幕式

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.9.2
再生時間
1:48

別府市名誉市民第1号で5期20年に渡り市長を務めた
荒金 啓治氏の立像が建立され除幕式が行われました。

この度、荒金啓治氏の立像は孫である荒金信治さんが所有する
土地の一角に建立されました。

除幕式の前には神事が行われ
市長や教育長、地域の住民らが出席しました。

神事の後には立像の除幕が行われました。

「水はいのち」と名付けられたこの荒金 啓治氏のブロンズ像は
孫の信治さんが、親交の深い別府市出身の彫刻家
原田裕明さんに制作を依頼して完成したものです。

別府市名誉市民第1号の荒金 啓治氏は
昭和22年に戦後初の大分県議会議長に就任。
昭和30年から5期20年に渡り別府市長を務めました。
取り組んだ市政事業の代表的なものには
利水事業が挙げられ朝見浄水場の拡張や
その他 水道設備の建設などを行い、
常にあった水不足を解消しました。

制作者の原田裕明さんは「ここに像が建ったこと、
この像が皆さんに『水はいのちの像』と
呼ばれることにとても感動しています」と挨拶。

建立した荒金信治さんは「市民のために努力した人のことを知って
若い人にも政治などに関心を持ってほしい」と話していました。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年8月29日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
人物
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー