別府市総合計画・総合戦略審議会 市民拡大版

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2019.10.10
再生時間
2:35

まちづくりや地方創生など別府の未来について考え、
意見やアイデアを募る審議会が開かれました。

別府市は長期的なまちづくりの指針となる
「別府市総合計画」と地方創生や地域再生を推進するための
「総合戦略」を策定し、来年度から取り組みを始めます。

7月には計画を策定するための審議会が発足し、
大学の教授や学生、各種団体などから
30人が委員に委嘱されこれまでに2回審議会が開かれました。

この日は市民からの意見を募ろうと
審議会の市民拡大版が開かれおよそ50人が参加。

はじめに、立命館アジア太平洋大学の前副学長で
別府市総合政策アドバイザーの今村正治さんが
「別府の幸福論」と題して講演しました。
今村さんは多文化が溢れる別府だからこそ
市民は住んでいるだけで刺激があり、旅行者は異文化を感じない
居心地のよさがあるのではないかと別府の良さを分析し、
その居心地の良さは市民の幸福感からくるのだと話しました。

後半ではワークショップが行われ、
仕事や移住、子育て、まちづくりなどの視点から
別府の強み、弱み、行政や市民が取り組むべきことなどを
グループで話し合いました。

参加者からは「多文化が共生していて
自然や美味しい食べ物が多い」
「学生が働きたいと思える企業が少ない」
「別府の良さをもっとアピールするべき」といった
意見があがっていました。

これらの意見は市民の声として今後の審議会に反映され、
年内に計画の素案をまとめ、来年3月下旬に策定、
来年度から総合計画は8カ年、
総合戦略は5カ年で取り組むということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2019年10月6日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー