猪又副市長が退任

コーナー名:地域の話題/わくわくとんぼテレビ

放送日
2018.6.4
再生時間
2:40

別府市の猪又 真介副市長が
6月1日で2年9ヶ月務めた
その職を退任しました。

千葉県出身の猪又真介さんは、
2015年9月に経済産業省の貿易管理課 課長補佐から
別府市の副市長に就任しました。
猪又さんは、別府市政施行以来初の中央省庁出身の副市長として、
別府市総合戦略の策定に関係する
企画部や観光戦略部、経済産業部、建設部を担当。
このたび、経済産業省に復職することになり、
6月1日で副市長を退任しました。

辞令を手渡した長野市長は猪又さんの労を労いながら
「猪又さんが残した人脈や感性、物が
別府市の市役所や町に活かされていくと思っています。
これからも別府市の発展のために
違う形でお力添えを頂ければ幸いです」と話しました。

市の職員が迎えて開かれた退任式で猪又さんは
「長野市長の言う『感動を与える仕事をしよう』という言葉は
市役所職員や市民にも浸透していると思います。
おかげで私は2年9ヶ月間、感動と笑顔でいっぱいでした」と
在任期間を振り返りました。

猪又さんはこの日、退任と同時に
別府市の観光振興に貢献すると市が認めた人に贈る
「ツーリズム別府大使」の委嘱を受けました。

長野市長は、副市長の人事について
阿南副市長との2人体制を維持するよう、人選を進めているということです。

取材内容(番組動画、テキストなど)は
2018年6月1日の取材に基づいた内容となっております。

このコーナーの関連動画を見る

番組の動画をもっと見る

この動画に関連するカテゴリ

[番組名]
わくわくとんぼテレビ
[コーナー名]
地域の話題
[ジャンル]
行政/人物
CTBメディア株式会社へ わくわくとんぼビデオTOP
ビデオジャンル
メニュー